「痩せ」選手生命に影響

18年版男女共同参画白書を決定

澤穂希さん

 政府は15日の閣議で、2018年版男女共同参画白書を決定した。スポーツ界での女性の活躍や健康課題を取り上げ、痩せといった状態が、骨密度低下など選手生命や引退後の健康に影響すると指摘。元サッカー女子日本代表の澤穂希さんら有名女性選手へのインタビューも織り交ぜ、正しい理解の必要性を訴えている。

 近年の夏冬の五輪大会に出場の日本選手団のうち、女子選手の割合はおおむね半数で推移。金メダル獲得数は女子が男子を上回っている。

 一方、運動量に対して食べる量が追い付かずに無月経や低栄養、低体重に陥り、骨密度が下がって疲労骨折する例が少なくないと紹介している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。