主演ドラマが2作連続で高視聴率マーク! ランクを上げた波瑠は今後もオファー殺到必至

 女優・波瑠が主演するテレビ朝日系連続ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』が7日、最終回を迎え、13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマークし、有終の美を飾った。

 初回の14.7%こそ超えられなかったものの、全話中2番目の高い数字を記録。最低は第5話の11.5%で、全話で2ケタを達成する強さを見せた。全話平均は、V6・井ノ原快彦主演『特捜9』(テレビ朝日系)の14.0%には及ばないが、13.02%という好成績を収めている。

「前番組である人気刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長』(内藤剛志主演)との連携が、うまくいった結果もあるでしょう。テレ朝にとって、『木9』は、米倉涼子の『ドクターX~外科医・大門未知子~』や、木村拓哉の主演ドラマを放送する“看板枠”です。その枠で、期待以上の数字をはじき出したのですから、同局の波瑠への評価はさらに高まったはずです。当然来年、続編の実現に動くはずです」(テレビ誌関係者)

 波瑠は前回主演した、昨年4月期『あなたのことはそれほど』(TBS系)でも、平均11.2%をマークしており、これで主演ドラマの視聴率が2作連続で2ケタ台を記録。各局のドラマの視聴率が軒並み伸び悩む中、波瑠は“数字が取れる女優”として、確固たるポジションを得たといえそう。今後は各局による“波瑠争奪戦”が繰り広げられるのは間違いなく、それに伴い、ギャラも高騰することが予想される。

 来る7月期、波瑠は日本テレビ系の土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』でも主演を務める。同枠は昨年4月期に放送時間が「土9」から「土10」に移動して以降、1ケタ台が続いているだけに、ここで高視聴率をマークできれば、波瑠の業界評はうなぎ上りになりそう。その意味でも、波瑠にとってはターニングポイントとなるだろう。
(文=田中七男)

©株式会社サイゾー

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。