欧州のハイエース、VWのトランスポーターが「T7」へ進化…電動化も

VW T7 スクープ写真

フォルクスワーゲンのLCV(Light Comercial Vehicle)『T6』の後継モデルとなる次世代トランスポーター、『T7』開発車両を初めてカメラが捉えた。

LCVは、日本で「ワーゲンバス」の愛称で有名な『T1』に起源をもつ。T1以降、1967年に『T2』、1979年に『T3』、1990年に『T4』、2003年には『T5』と進化を続け、現在のT6に至る。欧州ではトランスポーターのスタンダードとして、日本でいう『ハイエース』のように人気を博しているが、日本での正規販売はない。

最新情報によるとT7はMQBプラットフォームにより大刷新されるという。

捉えた車両は、T6をベースとしたテストミュール車のため、新デザインの詳細は全く不明だ。しかし、新型では、最新デザインのフロントグリル、新世代のLEDヘッドライト、スタイリッシュなリアエンドなどが予想される。キャビンにはデジタルコックピットの搭載も可能性が高い。

また、米アップルと共同開発していると噂される自動運転バンとは別モデルと思われる。

多数のボディバージョンと幅広いエンジンも魅力だ。2リットル直列4気筒ターボディーゼルを始め、ガソリンエンジン、ハイブリッド、そしてEVの設定も噂されている。

T7のワールドプレミアは、2020年と予想されている。

©株式会社イード

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。