大垣舞台の小説、プロ指南 中村航さんの講座スタート

 岐阜県大垣市出身の小説家、中村航さん(48)が講師を務める「はじめての小説講座」(市文化事業団主催)が、同市室本町のスイトピアセンターで始まった。全7回の講座で、受講者は同市を舞台にした小説を書き上げることを目指す。

 中村さんは、「100回泣くこと」や「デビクロくんの恋と魔法」などのヒット作があり、映画化作品も多数ある。講座では、座学のほかに中村さんと小説のヒントを探すため市内を散策するなどの企画があり、書き上げた小説は中村さんが直接指導する。

 第1回の講座では、分かりやすく文章を書くこつなどを解説。中村さんは「書くことは自分を表現することの基本。表現することは、必ず自分を助けてくれる」と話し、受講者が熱心に聴き入っていた。

小説を書く手法について語る中村航さん=大垣市室本町、スイトピアセンター

©株式会社岐阜新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。