熱帯低気圧、台風に発達しながら沖縄地方に接近 先島15日夕、沖縄本島16日午前に最接近 大雨警戒を呼び掛け

 沖縄気象台によると、南シナ海にある熱帯低気圧は15日夕方には先島地方、沖縄本島地方には16日午前中に最接近する見通し。現時点で熱帯低気圧に発達傾向は見られないが、16日未明までには台風に発達する見通し。発達しても強風域までで暴風域は伴わない見込み。

 15日3時の観測によると、熱帯低気圧は与那国島の西南西約360キロにあり、ゆっくりした速さで北東に進んでいる。15日15時には与那国島付近の半径110キロの円内達する見込みで、中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルの予想。

 その後、熱帯低気圧は台風になり、16日午前3時ごろには那覇市の半径200キロの円内に達する見込み。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルの予想。

 現在、南西諸島は梅雨前線が停滞し、南から温かく湿った空気が入り大気の状態が非常に不安定になっている。そのため、沖縄・奄美地方は16日にかけて1時間60ミリの雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨による災害が発生する恐れがある。

 16日午前6時まで24時間に予想される雨量は、本島地方で250ミリ、奄美地方で120ミリ。17日午前6時までの24時間では、本島地方で100~200ミリとなっている。

 沖縄気象台は大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、大しけなどに警戒するよう呼び掛けている、さらに落雷や竜巻など激しい突風への注意も呼び掛けている。【琉球新報電子版】

©株式会社琉球新報社