京都で「沙羅の花」愛でる会

東林院、はかなく美しく

「沙羅双樹」として知られるナツツバキの花が見頃を迎え、妙心寺塔頭の東林院で始まった「愛でる会」=15日午前、京都市

 平家物語ではかなさの象徴とうたわれた「沙羅双樹」として知られるナツツバキの花が見頃を迎え、妙心寺塔頭の東林院(京都市右京区)で15日、恒例の「愛でる会」が始まった。

 朝に咲いた白い花が夜には落ちることから、平家物語では「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」と記された。

 小雨が降る中、集まった参拝者は庭に落ちた無数の美しい花々を静かに見つめた。西川玄房住職(79)は「法話を聞き、心をゆっくりと落ち着けて、花をめでていただきたい」と話した。

 30日まで。抹茶付きで1600円。問い合わせは東林院、電話075(463)1334。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る