東京円、110円台後半

 15日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前日比63銭円安ドル高の1ドル=110円55~56銭。ユーロは2円10銭円高ユーロ安の1ユーロ=127円80~84銭。

 欧州中央銀行が緩和の縮小を進めるとした一方、利上げには時間を要するとの見方が広がったことを背景にユーロが売られドルが買われた。この動きにつられてドルは円に対しても買い注文が優勢だった。

 朝方、トランプ米大統領が追加関税を課す中国製品の最終リストを承認したと報じられたが、市場では「為替相場への影響は限定的だ」(外為ディーラー)との声があった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む