サウジアラビアから何点奪える? 「サラー、スアレス、カバーニは舌なめずりしている」

開幕戦から大量失点したサウジアラビア photo/Getty Images

まさか緊張感漂うワールドカップ開幕戦から大量点差のつくゲームになるとは。ロシアワールドカップ開幕戦はホスト国・ロシア代表がサウジアラビア代表を5‐0で粉砕する衝撃の展開からスタートした。

サウジアラビアは細かくパスを繋ごうとの意思を見せていたが、精度が低いためパスミスからピンチを招く自滅に近い状態となっていた。組織としての完成度に大きな差があったのは間違いない。

サウジアラビアの完成度がこの程度と分かった今、同じグループAのエジプト代表とウルグアイ代表はサウジアラビア戦で勝つのはもちろん、何点奪えるかを1つのポイントにしてくるだろう。両チームには決定的な点取り屋たちがいる。

英『Daily Mail』によると、リヴァプールなどで活躍した解説者ジェイミー・レドナップ氏は5‐0の結果を受け、「サラー、スアレス、カバーニはこのゲームを見て舌なめずりしていることだろう。大会得点王になるチャンスがあると感じているはずだ」とコメント。大量点を予感している。

元アーセナルのマーティン・キーオン氏は、「サウジアラビアは非常に平均的なチームだった。このパフォーマンスを見れば、このW杯の32チームは世界のベストなのかと疑問に思うだろう」とサウジアラビアの実力を批判している。

ウルグアイ、エジプトはサウジアラビアをボコボコにしようと考えているはずで、サウジアラビア戦は勝利がマストとなりそうだ。

©株式会社FACTORIES

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。