今夏の阿波踊り、徳島市「総踊り中止」を表明 疑問視する声相次ぐ

 徳島市は14日の市議会産業交通委員会で、阿波おどり振興協会の合同連が南内町演舞場で実施していた総踊りを、今夏(8月12~15日)は中止すると表明した。岡孝治委員(徳島活性会議)の質問に青木英樹観光課長が答えた。各委員から「総踊りは多くのファンを魅了していただけに、阿波踊りが失敗するかもしれない」と対応を疑問視する声が相次いだ。

 青木課長は、今夏の阿波踊りを主催する「阿波おどり実行委員会」が有料4演舞場のチケットの売り上げアップに向けて、2部(前後半制の後半)のフィナーレで複数の有名連が踊り込む新たな取り組みを始めると説明。「(同時刻に南内町演舞場で行われる)総踊りは昨年までのような形でできなくなる」と、中止を明言した。

 総踊りは、約1500人が一糸乱れぬ踊りを披露し、南内町演舞場の2部のフィナーレを飾ってきた。

 岸本和代委員(公明)は「総踊りを中止してチケット販売率の問題が解決するとは思えない」、岡委員は「(南内町演舞場のチケットは)総踊りを目当てに買う人がほとんどだ」と批判した。

 実行委は同演舞場の特別席のチケットを15日から販売する。この点について森井嘉一委員(交志会)は「総踊りがないなら売らない方がいいのではないか」と指摘。青木課長は「特別席は(総踊りのない)1部もほぼ100%の販売率でニーズが高い」とし、売れ行きに影響はないとの認識を示した。

 委員会終了後、豊井泰雄第2副市長は、来年度以降に総踊りを再開するかどうかについて「今夏の有名連による踊り込みの効果を検証した上で考えたい」と話した。

 背景に市と振興協の対立

 今夏の徳島市の阿波踊りで、阿波おどり振興協会の合同連による総踊りの中止が決まった。市は総踊りに代わる有名連の踊り込みで「チケット販売率を向上させる」とするが、中止の背景には、昨夏までの主催者の一つの市観光協会(破産手続き中)を支援した振興協会との関係悪化が挙げられる。

 市側が問題視するのは、累積赤字を抱えた観光協会の破産を回避しようと資金集めに協力した振興協会の対応だ。観光協会の破産手続き開始を徳島地裁に申し立てた市は「振興協会が混乱を長引かせた」とみる。

 振興協会が、今夏の阿波踊りを主催する実行委員会の諮問機関「運営協議会」に参加できなかった点も、両者の溝を深めた。

 総踊りは阿波踊りの「顔」とも言え、全国のファンに愛されている。長年の試行錯誤を重ねて現在の形になっただけに、市と協会の対立の末に試みられる有名連の踊り込みが、新たな「顔」に打って変わるのは簡単ではない。関係者全員が総力を挙げて取り組まなければ、阿波踊りの成功はない。

阿波おどり振興協会の総踊り=南内町演舞場(2017年)

©一般社団法人徳島新聞社

徳島新聞

徳島新聞朝刊・夕刊のお申込みは

購読申込

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。