広島・宮島の巨大しゃもじ移動

観光トイレ設置で

宮島の巨大しゃもじの移動作業=15日午前、広島県廿日市市

 世界遺産・厳島神社がある宮島(広島県廿日市市)の表参道商店街に設置され、観光名所として親しまれてきた巨大しゃもじが15日、観光客用のトイレ建設に伴い移動した。

 午前8時からの移動作業では、立て掛けられていたしゃもじをクレーンでつって横に倒し、慎重に運び出した。

 宮島はしゃもじ発祥の地と言われ、現在も特産品として有名。巨大しゃもじは長さ約8メートル、最大幅約3メートル、重さ約2.5トン。1996年に厳島神社の世界遺産登録を記念して設置された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。