広島・宮島の巨大しゃもじ移動

観光トイレ設置で

宮島の巨大しゃもじの移動作業=15日午前、広島県廿日市市

 世界遺産・厳島神社がある宮島(広島県廿日市市)の表参道商店街に設置され、観光名所として親しまれてきた巨大しゃもじが15日、観光客用のトイレ建設に伴い移動した。

 午前8時からの移動作業では、立て掛けられていたしゃもじをクレーンでつって横に倒し、慎重に運び出した。

 宮島はしゃもじ発祥の地と言われ、現在も特産品として有名。巨大しゃもじは長さ約8メートル、最大幅約3メートル、重さ約2.5トン。1996年に厳島神社の世界遺産登録を記念して設置された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る