ポルトガル発のクリエイティブコミュニティー「THU Gathering Tokyo」が日本初上陸

スター・ウォーズ「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本公開2日前となる2018年6月27日(水)に、ルーカスフィルムのバイスプレジデント ダグ・チャン氏を迎え「THU Gathering Tokyo」を原宿・BA-TSU ART GALLERYにて開催する。

ポルトガル生まれのTHU(Trojan Horse was a Unicorn/トロイの木馬はユニコーンだった)。同イベントでは美味しい料理が提供され、日夜を通してアーティストによる講演、ディスカッションが繰り広げられる。THUでは講演するアーティストをナイトと呼び、参加者らをトライブと呼ぶ。これまでのナイトにはコンセプトアーティスト、クレイグ・マリンズ、「ブレードランナー」「エイリアン」の伝説のコンセプトアーティスト、シド・ミード氏らが名を連ねている。

THUの今年のテーマは“Tales of the Unknown(未知の物語)”。“未知への恐怖を捨てて航海に出よう!”。THUは今年はじめて、ホームのポルトガルからマルタ島へと拠点を移して開催。2018年初開催となるTHU Gathering Tokyo。このギャザリングのミッションは、THUのスピリッツをコンパクトに各国で体験出来き、ローカルのクリエイティブ分野のアーティスト、企業、学生らを繋ぐ類のない機会となることだとしている。第一回目のゲストには「スター・ウォーズ」シリーズで美術ディレクターを務めたダグ・チャン氏。

過去のギャザリング開催ビデオ(ロンドン)

©株式会社プロニュース