<むつ・中間貯蔵施設出資>関電「検討の事実ない」 市長、議会に行政報告

 青森県むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設に関西電力が出資するとの報道に関し、宮下宗一郎市長は14日、開会中の市議会本会議で行政報告し、関電が事実関係を否定したことを明らかにした。

 関電は市の質問に「あらゆる可能性を検討しているが、むつ市に使用済み核燃料を搬入する方針を固めたことや出資を検討している事実はない」と回答した。宮下市長は「一連の報道で市民が不安感や不信感を抱いたと思う。今後も毅然(きぜん)とした態度で取り組んでいく」と語った。

 むつ市は報道があった3日以降、事実関係を調査していた。共同通信社が記事を配信し、河北新報社も掲載した。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社