ルリコンゴウインコ仲間入り 一関・岩手サファリパーク

15日から公開を始めるルリコンゴウインコと触れ合う藤田美香さん

 一関市藤沢町黄海の岩手サファリパーク(菅野伸夫支配人)にルリコンゴウインコ6羽が仲間入りし、15日から公開を始める。インコは初夏の青空に映える鮮やかな瑠璃色と黄色が特徴で、同パークでは幸せを運ぶパークの新たなシンボルとの触れ合いを呼び掛けている。

 6月15日の「オウム(06)・インコ(15)の日」に合わせて公開されるルリコンゴウインコは1~5歳の6羽。いずれも性別は不明で、体長70~80センチ、体重は約1キロ。5月25日に那須ワールドモンキーパーク(栃木県那須町)から引っ越してきた。

 公開は毎日午前9時~午後4時までだが、雨天は展示を中止する。フラッシュなしでの撮影は可能。

 問い合わせは同パーク(0191・63・5660)へ。

Follow

岩手日報WebNews

on

©株式会社岩手日報社

IWATENIPPO岩手日報

岩手のニュースやスポーツ、お得な情報をリアルタイムでお届け。岩手日報社の公式サイトです。

サイトはこちら