「水曜日のダウンタウン」をパクった?台湾のバラエティー番組、制作局は「詳細を確認中」―台湾

2018年6月14日、台湾のバラエティー番組が、日本の人気番組「水曜日のダウンタウン」からの盗作を指摘されている騒ぎで、番組の制作局は「詳細を確認中」と発表している。三立電視網が伝えた。

日本の人気番組「水曜日のダウンタウン」からの盗作を指摘されているのは、緯来電視台が制作するバラエティー番組「来自星星的事」。同番組のオープニング部分を見ると、「水曜日のダウンタウン」のオープニングで見られる鮮烈な色彩や構成とほとんど同じだということが分かる。このほど「水曜日のダウンタウン」のスタッフがツイッターに、「想像の10倍パクられてて面白かった」と投稿したことで話題になり、台湾のネット上でもパクリ疑惑として一気に拡散されている。

緯来電視台は14日、問題の番組について「外部の制作会社に委託したもの」と説明。「現在は制作会社に詳細を確認中のため、改めて発表を行う」とコメントしている。

台湾のネット上では緯来電視台に対し、「誰が見ても分かるほどのパクリ。詳細を調べる前にまず謝罪を」「こんなものを堂々と放送して恥ずかしくないのか」などといった批判の声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。