名寄支部9チーム熱戦 27日に稚内で開幕 夏の高校野球

 【名寄】第100回全国高校野球選手権記念大会北北海道大会(道高野連など主催)の名寄支部予選の組み合わせ抽選会が14日、名寄高で開かれた。支部代表は前回までの2校から1校に減るが、前回より1校多い9校が27日から稚内市大沼球場で熱戦を繰り広げる。

 開会式で名寄産業の花岡風馬主将(3年)が選手宣誓。春季全道大会の支部予選を制した士別翔雲は28日午後1時から名寄産業と対戦。支部代表1校は7月14日に旭川スタルヒン球場で開幕する北北海道大会に出場する。(上村衛)

Follow

どうしん電子版(北海道新聞)

on

©株式会社北海道新聞社

ロコ・ソラーレ 銅メダルへの軌跡

カーリングの聖地・北見市常呂町から世界に羽ばたいたロコ・ソラーレ(LS北見)。平昌冬季オリンピックで、日本のカーリング史上初めての銅メダルを獲得するまでの軌跡。

詳細はこちら

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。