清掃活動で地域貢献 富国生命

倉吉駅前でごみ拾いに精を出すスタッフたち

 富国生命鳥取支社は、昨年10月から鳥取県内七つの営業所で地域の清掃活動を行っている。営業所ごとに会社周辺のごみを月1回程度拾っており、地域貢献に努めている。

 このうち倉吉市山根の倉吉東営業所は13日、スタッフ12人が参加して作業を実施。おそろいのジャンパーを羽織り、JR倉吉駅前から営業所までの約600メートルの間、路肩に落ちているたばこの吸い殻やガム、紙くずなどを拾い歩いた。

 同駅の電光掲示板には、活動時に市の計らいで同社へのありがとうメッセージが流れ、市民からも励ましの声が掛かった。

 神庭英行鳥取支社長は「街をきれいにすることで自分たちも気持ちよく過ごせる。地元の方に少しでも喜んでいただけるよう、今後も続けていきたい」と話した。

©株式会社新日本海新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。