たすき鮮やか、豊作願い 住吉大社で御田植神事

斎牛による代かきを終えた御田で苗を植える替植女=14日、大阪市住吉区の住吉大社

 大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で14日、国の重要無形民俗文化財「御田植(おたうえ)神事」が盛大に執り行われた。奉仕者が境内南側に広がる御田(おんだ)(20アール)で古式ゆかしく早苗を植えたほか、豊作を願う舞や踊りを奉納し、初夏の伝統行事をみやびやかに飾った。

 神事は住吉大社鎮座の際、祭神である神功皇后が御田を定め、長門国(現・山口県)から植女(うえめ)を召したことが起源と伝わる。

 御田式場の儀では、すげがさに赤たすき姿で田植えを行う替植女(かえうえめ)が、植女から青々とした苗を受け取った。御田中央の舞台で同大社の神楽女(かぐらめ)8人による八乙女が「田舞」などを奉納する中、地元農家でつくる御田講の奉仕者とともに手際よく手植えを披露した。

 このほか神事に奉仕する「斎牛」が、今ではめったに見ることがない代かきを繰り広げると、多くの参拝者が異口同音に「懐かしい」と声を上げ、拍手を送っていた。

©株式会社新日本海新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。