楽天銀行がデータを初公開!ロト7当せん者が持つ共通点

「ロト7では過去2回、同じ売り場から同時に2口の1等が出たことがある。いずれも周辺の証言などから、同じ人が当てたと報じられています。今回も1等2口19億4,000万円余りを、1人が独占した可能性が極めて高いですね」

こう語るのは『ロトナンバーズ「超」的中法』(主婦の友社)の石川修編集長。第265回ロト7(5月18日抽せん)で、1等9億7,327万3,800円が2口出た。その2口いずれもが楽天銀行のインターネット購入。総額19億4,000万円余りを1人が当てたとなると、宝くじ史上最高額だ。

ロト7は、01~37までの数字のうち出目数の7つを当てる宝くじ。その回に1等が出ないと賞金は持ち越され(キャリーオーバー)、最高10億円まで1等賞金が上がる仕組みだ。第265回はキャリーオーバーを含め、2口当せんで1口9億7,000万円余りになった。

さっそく当せんくじが出た楽天銀行に聞いてみた。

「今回、当せん額が高額なため、2口が同一人物かも含め、当せん者の情報はすべて非公開にしています」(楽天銀行広報IRチーム)

これをうけて石川さんは、次のように話す。

「当せん者の個人情報非公開は当然ですが、仮に2口が別々の当せんなら、それは隠す必要はないので『2名当たりました』と公開するはず。それを伏せる楽天銀行の対応からみても、1人が19億円余りを当てたのは間違いないでしょう」

そこでさらに楽天銀行に食い下がると「特定の個人につながらない情報なら」ということで、次のデータをメディアに初公開してくれた。今年になって楽天銀行からロト7、ロト6、ミニロトを合わせて19口の1等が出ている(5月30日現在)。その19口の買い方の傾向と購入者の割合を表したものだ。

【数字選び】

自分で選んだ:75%
クイックピック(機械が自動的に選ぶ):25%
(自分で選ぶ2口、クイックピック1口といった買い方をしている人もいる)

【数字へのこだわり】

前回と違う数字を買って当てた人:60%
同じ数字を続けて買っていた人:40%
(19口すべてが、前の回もロトを購入している継続買い。思い付きで1回だけ買った人はいない)

【購入金額】

1,000円以上:60%
1,000円前後:40%

【購入日】

抽せん日に購入:50%
抽せん日以外の日に購入:50%
(キャリーオーバーの金額を見ての追加買いも含む)

【ロトの種類】

当せん者が当たった週にほかのくじを購入していた割合(1種/複種の割合)は約70%弱が、同じ週にほかのくじも購入。

このことから得られる「ロト7」当せん者の共通点がこれだ!

(1)数字を自分で選ぶ
(2)毎回購入し、数字は変える
(3)金額は1,000円以上購入する
(4)抽せん日に購入する
(5)すべてのロトをまんべんなく購入する

クリックするだけで得られるには途方もない金額だが、解析の結果、やはりただ漠然と購入するのではなく、策を練ってこそ、大当たりが来るようだ。諸君の健闘を祈る!

©株式会社光文社