織田信長をあしらった「マグカップ」のセンスが秀逸すぎる

いま、ツイッター上で、とあるマグカップが話題になっている。

「ちょんまぐ 信長」(アルタ提供)

「ちょんまぐ 信長」(アルタ提供)

カップ全体が織田信長の顔になっている独特なデザインから、ネット上では「これはなかなかシュールなデザインなのでは...!?」「なんだこれ」「じわじわくる」などの声が上がっているが、これはいったい何なのか。

「ちょんマグ」というらしい

商品名はずばり「ちょんマグ」。取手がちょんまげになっており、信長の他にも歌舞伎、力士、まんが、ヘノヘノモヘジの全5種類のラインナップ。2018年6月中旬現在、数に限りがあるようだが一部の絵柄はAmazon、楽天などでも購入可能だ。残念ながら、今回話題に上がった「ちょんまぐ 信長」は、各サイトを見ても既に売り切れているようだった。

Jタウンネット編集部が製造元のアルタ(岐阜県大垣市)に18年6月13日に取材したところ、ちょんマグは現在リニューアルを企画しており、今年の冬を目処に新たな絵柄のバージョンを発売する予定とのこと。旧バージョンの製造は現在行っていないそうで、すでにちょんマグを持っている人はかなりラッキーかもしれない。

アルタ企画担当者によると、なんとこのちょんマグ、企画会議中の落書きから生まれたという。公式サイトの商品紹介のページを見ると、「壁を愛してやまない」と謳い、なんとも脱力した表情のキャラクターがマグネットになっている「壁ごこち」や蚊取り線香の形をしたコースター「蚊取りコースター」など、かなりユニークな商品が目に留まる同社。「社員のアイディアを大切にしている」と担当者は語る。自由な発想で商品づくりをしている様子がうかがえた。

「ちょんマグ」歌舞伎&力士(アルタ提供)

「ちょんマグ」歌舞伎&力士(アルタ提供)

ちなみに、ツイッターでは、以前からこんなつぶやきが出ていた。

現在入手困難なちょんマグ。今後のリニューアルを待って、ちょっとユニークな贈り物として検討してみては?

©株式会社ジェイ・キャスト

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。