星野陸也はチャンス決めきれず、のち耐えきれずに悪夢の「8」…

前半は耐えていたが… 星野陸也は後半崩れた(撮影:岩本芳弘)

<全米オープン 初日◇14日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7,440ヤード・パー70)>

国内ツアーで未勝利ながら、初の海外メジャー参戦を果たした星野陸也。楽しみと話していた「全米オープン」初日は、とにかく悔しい結果に終わってしまった。

前半はコースマネジメントもうまくいき、ショットの良さもあって2オーバーで耐えたが、後半は大きくスコを落とした。終わってみれば1バーディ・6ボギーに加え、14番では痛恨の「+4」。9オーバー・114位タイと大きく出遅れた。

「緊張はそんなになかった」と好スタートを切った。朝から吹き続ける強風をものともせず、8番までは1オーバー。「ほとんどフェアウェイも外さなかったし、コースマネジメントもできていました」と、9番でボギーを喫しても表情は明るかった。「いけるんじゃないか」と思ったほどだったとういうが、ハーフターンしてから状況が変わった。

風への対応は上々だったが、グリーンの変化に対応できず。「後半は重くなっていたし、荒れていた。それはみんな同じなので仕方ないですが、対応ができなかった」と、経験不足を悔やんだ。10番では絶好の位置からグリーンオーバー。「ウェッジのバンスがはねてしまって飛んでしまった」とボギー。11番、12番では見事なショットでバーディチャンスを作り出したが、カップに嫌われた。13番でも3パットボギー。極めつけは事件の起こった14番だった。

「ドライバーで左からの横風に打つホールがそれまでなくて」、とティショットで大失敗。「少し気を抜いてしまった」ショットは出だしから大きく右へ。「茎のようなものがいっぱいあって、打ったこともないライ」から出すものの、ボールはフェスキューに出すしかなかった。結局グリーンまで6打かかり、ダブルパーを喫した。

16番のパー5ではこの日初バーディを奪ったが、上がり2ホールで連続ボギー。「悔しいですよね。結局グリーンとグリーン周りで失敗して。途中はもったいなかったけど、14番もあって、すっごくもったいないラウンドになってしまった」。大きく出遅れたが、フェアウェイキープが14ホール中11ホール。「ショットでは戦えると思いました。明日は絶対に予選を通りたい」と意地のカムバックを誓い、歯を食いしばりコースを後にした。(文・高桑均)

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。