サクラマスの青のりあん

春から初夏にかけて日本海でとれる本鱒は、桜の咲くころから川に帰ってくるので桜鱒『サクラマス』とも呼ばれ、桜色に綺麗なその身はふっくらと柔らか♪今回はお出汁と磯の香りが漂う『青のりあん』を合せてみました。意外と簡単に2ステップで出来ちゃいますが、ちょっとしたおもてなし料理にもおすすめですよ。

Recipe by 舞子

材料

<2人分>

・サクラマス(本マス)   2切

・塩            少々

・片栗粉          大さじ2~3

・揚げ油          適量

・だし汁          250g

・あおさのり        3g

・塩            適量

・くず粉          10g

・水            大さじ1

作り方

Step1

サクラマスに塩を振り10分程置く。キッチンペーパーで出てきた水分を拭き取って片栗粉をまぶし、中温できつね色になるまで油で揚げる。

Step2

青のりあんを作る。だし汁を火にかけ、あおさのりを入れる。フツフツと沸いてきたら、塩で味を整え水で溶いたくず粉を入れてよく混ぜる。Step1のサクラマスを盛り付け、青のりあんを添える。

Point

※塩の量はお好みで調節してください。だし汁は昆布とかつおで一からとってもいいですし、パックだしや顆粒だしでもいいですよ。

ひとことコメント

くず粉を使うと少し上品な仕上がりになります。無ければ片栗粉でもいいですよ。サクラマスの他、鮭や白身の魚でもOKです。

Follow

ビール女子

on

©株式会社ココラブル

ビール女子

女性がよりビールを楽しむためのWEBマガジン&コミュニティです。

ビールに関する楽しい情報お届け!