熱帯低気圧が台風6号に発達 先島地方15日夜の初め、沖縄本島16日朝から昼前にかけて接近へ 

 15日午前9時、与那国島の西南西約340キロで熱帯低気圧が台風6号になった。

 沖縄気象台によると、先島地方に15日夜の初め、沖縄本島地方には16日朝から昼前にかけて接近する。沖縄地方には梅雨前線も停滞しており、一部で激しい雨が降っている。

 台風接近に伴い、土砂災害や低い土地の浸水、強風などに警戒が必要だ。

 台風6号は15日午後9時には石垣島の北約80キロにあり、中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルの予想。16日午前9時には同様の勢力のまま、那覇の北西約90キロに進む見込み。

 石垣島地方気象台によると、八重山地方では、15日昼前から夕方にかけて、多い所で1時間に50ミリの雷を伴った非常に激しい雨が降る。

 16日午前6時までに予想される24時間雨量は、石垣島地方、与那国島地方ともに多い所で120ミリ。石垣島地方の最大風速は、15、16日ともに18メートル、最大瞬間風速は25メートルの予想となっている。

 沖縄気象台によると、沖縄本島地方では16日にかけて、多い所で1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込み。

 16日午前7時までの24時間に予想される雨量は多い所で250ミリ。強風にも注意が必要で、15日の最大風速は15メートル、16日は18メートルの予想となっている。

 県内は13日から断続的に雨が降っている。15日午前10時現在の24時間雨量は、渡嘉敷で172・5ミリ、奥で171・0ミリ、慶良間で140・0ミリ、国頭で138・0ミリに達している。沖縄気象台は15日午前11時現在、沖縄市に大雨警報(土砂災害)を発表している。【琉球新報電子版】

©株式会社琉球新報社