米軍「国を通して」 F15墜落で県の抗議申し入れに

 米軍嘉手納基地所属F15戦闘機の墜落事故で県が抗議するために呼び出そうとした際、嘉手納基地の第18航空団が県に「国を通して連絡してほしい」と求めていたことが15日までに分かった。

 その後、県は出向いて抗議する意向を伝え、現在、米軍側と日程を調整している。米軍が国を通すよう要求したのは異例。

 F15が墜落した11日、県は抗議のため第18航空団側が県庁に出向くよう申し入れた。

 その際、米軍が「沖縄防衛局を通して」と回答した。

 県は防衛局に日程調整を依頼したが、防衛局は前例がないとした。県は改めて県側が訪問する形で抗議を受けるよう第18航空団に申し入れ、第18航空団は15日、県に応じると返事をした。

 小野寺五典防衛相は15日、記者会見で「行き違いがあったと報告を受けている」と説明した。【琉球新報電子版】

©株式会社琉球新報社