読者サービス向上へ懇談 新聞・通信社の「懇話会」総会

 福島民報社などが加盟する全国読者サービス懇話会の春季総会は14日、福島市の民報ビルで開かれた。

 全国の新聞社と通信社合わせて20社から読者対応の責任者らが出席した。幹事社を務めた福島民報社の佐久間順地域交流局長が「読者の皆さんとの円滑な関係を築く取り組みを共有していきたい」とあいさつした。

 出席者は紙面や読者サービスの向上に向け、記事に対する意見や苦情への対応について情報を交換した。福島民報社が出前授業やイベントの際に運行している移動編集車「民報号」を見学した。

 15日は相双地方を訪れ、東日本大震災や東京電力福島第一原発事故からの復興状況を視察する。

 福島民報社以外の出席者は次の通り。

 鈴木雅人(北海道新聞社)大山育子(河北新報社)中村裕(新潟日報社)今井洋二(信濃毎日新聞社)榎本哲也(東京新聞)岡部伸康(神奈川新聞社)飯塚道子(静岡新聞社)伊藤智英(中日新聞社)水橋清一(京都新聞社)冨居雅人、小阪英樹(神戸新聞社)竹内健(山陽新聞社)吉村知子(中国新聞社)高橋士朗(愛媛新聞社)内川雅彦(高知新聞社)諸隈光俊(西日本新聞社)岩尾恒宏(大分合同新聞社)岩松マミ(南日本新聞社)大嶺忍(沖縄タイムス社)田村孝(共同通信社)

©株式会社福島民報社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。