覚醒剤使用、広島の男性に無罪

捜査過程の違法性認定

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた広島市の男性(51)に、広島地裁が、職務質問時の警察官の行為を違法と認定して陽性反応が出ていた尿検査の鑑定書を証拠として認めず、無罪(求刑懲役4年)の判決を言い渡していたことが15日、分かった。14日付。

 判決によると、男性は2016年12月6日午前3時ごろ、広島市内でパトロール中の警察官から職務質問を受けている途中に逃走。追い掛けてきた警察官に両肩を強く押さえ付けられるなどした。その後、裁判所が発行した令状に基づき採尿された。

 安藤範樹裁判長は「警察官の対応は必要な最小限の有形力の行使とは言えない」と指摘した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。