韓国統一地方選で「パク・クネ」氏が当選、「パク・チョンヒ」氏も当選―中国メディア

2018年6月14日、海外網は、韓国の地方議会議員選挙で、現在収監中の朴槿恵(パク・クネ)前大統領と同名の候補が当選したと報じた。

韓国では13日に地方議員・各地方自治体首長選挙が行われた。釜山市金井区の議員選挙では、29歳の女性弁護士「パク・クネ」氏が当選を果たした。朴氏は与党「共に民主党」の党員として選挙に出馬しており「法律の専門家として、より市民のためになる条例づくりに全身全霊を捧げたい」とコメントしている。

また、大邱市北区と慶尚北道清州市の議員選挙では、朴前大統領の父親・朴正煕(パク・チョンヒ)氏と同名の候補がそれぞれ1人ずつ当選。大邱のパク・チョンヒ氏は48歳の女性、清州のパク・チョンヒ氏は45歳の男性だという。なお、ハングル表記は同じだが、漢字表記は異なるようだ。

韓国・聯合ニュースによると、同時に行われた国会議員の再・補欠選挙で、共に民主党が12の選挙区中11選挙区で勝利を収めて議席数を130まで伸ばし、国会の主導権を握ることに成功した。(翻訳・編集/川尻)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。