ファミマ、“夏にぴったり”の粒状チョコ入り「スイカフラッペ」数量限定発売

「スイカフラッペ(写真:ファミリーマートの発表資料より)」

■夏にぴったりな「スイカフラッペ」数量限定発売  ファミリーマートは17日より、コーヒーマシンのミルクで作る「FAMIMA CAFÉ」のフラッペシリーズから、夏にぴったりな「スイカフラッペ」を数量限定で発売する。程よい噛みごたえのある粉状のチョコレート入りで、“種”まで食べられる、まるで飲むスイカのようだ。1個250円(税込)。

■商品特長  甘みが特徴の「ブラックビューティ」種のスイカ果汁を使い、スイカの甘みを引き立たせた。スイカの“種”は、程よい噛みごたえのある粒状チョコレートで表現し、味と食感が楽しめる。パッケージもスイカをイメージし、見た目にもこだわっている。

■「FAMIMA CAFÉ」フラッペシリーズ   ・「ベリーベリーベリーフラッペ(290円)」  ストロベリーの果肉・果汁に、ラズベリー、ブルーベリーの果汁入りソースを加え、しっかりとした果肉感に、さわやかな酸味と甘みが特徴。

 ・「ギャラクティカグレープフラッペ(290円)」  宇宙(ギャラクシー)をイメージし、異なる色と味。全てを混ぜると、グレープミックス味が味わえ、インパクトがある見た目で、こだわりの商品。緑がオレンジ味、紫がカシス&グレープ味、黄色がレモン味。

 ・「ファンタジーピーチフラッペ(290円)」  ゆめかわいい(ファンタジー)をイメージし、色と味が楽しめ、全てを混ぜると、ヨーグルトピーチ味で、インパクトのある見た目に。ピンクがホワイトピーチ味、オレンジがバニラヨーグルト味、ピンクがレモン味。

 ・「カフェフラッペ(270円)」  ミルクと相性がよく、ブラジルとコロンビア産コーヒー豆を使った、コーヒーエキスに、生クリームを加え、今までよりミルク感が感じられる。エチオビアモカの微粉砕豆を加えて、豊かな味とコクも感じられる。

 ・「バナナジェラートフラッペ(320円)」  高地栽培され、甘く育ったフィリピン産バナナ果汁・果肉を使った、味わい深く、ジェラートのように滑らかな仕上がり。

 ・「チョコレートフラッペ(290円)」  チョコレート味のかき氷とアイスの2層仕立てで、カカオ薫るチョコレーとなめらかなミルク感。

 ・「チョコミントフラッペ(290円)」  水出しミントエキスを使い、爽快感とチョコレートの口当たり。カカオ成分を増し、チョコチップを組み合わせ、チョコレートの味をより感じられる。

 その他、販売が終了した商品もあるが、「リッチフラッペマンゴー(330円)」、「ブルーベリーフラッペ(ヨーグルト風味)」(290円)がある。

■「FAMIMA CAFÉ」フラッペとは  ファミリーマートは、「FAMIMA CAFÉ」フラッペとして、2014年6月に「カフェフラッペ」を発売。それ以来、毎年新たなフレーバーを発表・ラインナップを拡大し、女性を中心に好評を得て、累計1億杯以上を突破している。コンビニフローズンドリンクのパイオニアだ。

©株式会社財経新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。