簡単に家で作れる「照り焼き風味のラムチョップ」の作り方

料理教室「ホームメイドクッキング」の講師・加藤美弥子が、ラジオ番組「土屋礼央 レオなるど」(6月12日放送)に登場し、「照り焼き風味のラムチョップ」の作り方を紹介した。

放送で紹介した「照り焼き風味のラムチョップ」の作り方は・・・

<材料:2人分※人数に合わせてアレンジ>
・ラムチョップ 4本
【漬け込み液】
・しょうゆ 50㏄
・みりん 30㏄
・上白糖 大さじ1
・日本酒 大さじ1
・にんにく(皮をむき、つぶす) 1片
・鷹の爪 1本
・サラダ油 適量
・付け合わせの野菜 適宜

<作り方>
1.まず、漬け込み液を作る。鍋に液の材料を入れ、火にかけ、沸騰後弱火で2分程加熱して冷ます。
2.冷めた液にラム肉を漬け込み、2時間程置く。
3.漬け込み液から取り出し、クッキングペーパーで水気を取る。
4.フライパンにサラダ油を熱し、肉を入れ、まず強火で焼き、焦げる場合は中火にし、焼き色がしっかりしたら裏返し、同様に焼く。
5.器に盛り、完成。

意外に簡単に作れる、照り焼き風味のラムチョップ。あなたも作ってみてはいかがだろうか。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

radikoのタイムフリーを聴く

©株式会社ニッポン放送

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。