JR九州の大幅減便 長崎県分の復活なし 仕様変更などで対応

 JR九州が、九州7県で大幅な減便を実施した3月のダイヤ改正について対応策を検討した結果、長崎県分の減便は復活しないことが14日、県への取材で分かった。車両の仕様変更や、停車時間の延長検討などにとどまる見通し。
 県はほかの九州各県とともに、減便見直しなどを求めていた。
 同日、同社から説明を受けた県新幹線・総合交通対策課によると、減便の影響で午後7時台の列車を中心に混雑する長崎-佐世保間では、4本の列車で車両をロングシート方式にして定員を増やしており、今後も継続する。また、午後6時~7時台の佐世保-早岐間や長崎-現川間などで、乗客が乗降しやすくするため、駅での停車時間を延長する方向で検討している。運行時間の見直しはなかったという。
 同課は「すみやかな改善が必要な部分は迅速に対応してもらった。列車の接続や減便に関しては互いに利用状況を見ながら意見交換する」としている。

©株式会社長崎新聞社

平成の長崎

「平成」ってどんな時代だった? 長崎の平成30年間を写真で振り返る長崎新聞特別企画サイトです

『平成の長崎』ページへ