台風6号発生 沖縄・奄美は大雨に要警戒!!

あす朝までの予想雨量 沖縄地方で250ミリ

きょう(15日)午前9時に、台湾南部にあった熱帯低気圧が台風6号として発生しました。中心の気圧は992hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sで、中心の南東側280kmと北西側170km以内では、風速15m/s以上の強い風が吹いており、動きは遅く、ほとんど停滞しています。

今後、台風は東よりに進路を取り、同じ勢力を保ちながら、今夜には沖縄県・石垣島の近海に達してくる予想です。また、あす(16日)の朝には沖縄本島にかなり接近し、台風を取り巻く非常に活発な雨雲が、沖縄や奄美地方に掛かる見込みです。

このため、沖縄や奄美地方では、これからあすにかけて、大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る恐れがあります。あすの朝までに予想される雨量は、沖縄地方で250ミリ、奄美地方で120ミリと予想され、大雨による土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水に対して警戒が必要です。

さらに、台風の接近に伴い、急速に風が強まってくるため、沖縄地方では最大で6mの大しけが予想されています。強い風に対して注意をするとともに、沖縄近海では高波に対しても警戒が必要となるでしょう。

なお、台風6号は、あさって(17日)の朝までには、九州の南の海上で温帯低気圧に変わる予想です。

最新の台風情報から目を離さず、沖縄や奄美地方の方は、大雨への備えと早めの避難を心掛けるようにしてください。

Follow

サニースポット

on

©株式会社サニースポット

サニースポットWEB

気象情報サイトです。 可愛らしい不思議な温度計やストームグラス天気管も発売中!

詳細はこちら

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。