JR只見線復旧へ起工式

21年度運行目指す、福島

JR只見線の復旧工事の起工式で、くわ入れをする福島県の内堀雅雄知事(前列左端)ら=15日午前、福島県金山町

 JR東日本は15日、2011年7月の福島・新潟豪雨で一部区間が不通となっている只見線の復旧工事の起工式を、福島県金山町で開いた。今後、橋や線路の工事を進め、21年度中の運行再開を目指す。

 起工式にはJR東や県、沿線自治体の関係者ら約70人が出席し、くわ入れ。来賓の内堀雅雄知事は祝辞で「只見線が生活、観光、教育に利用される日本一の地方創生路線となるよう全力で利活用に取り組む」と述べた。

 只見線は豪雨で橋桁が流されるなど大きな被害を受け、現在も会津川口(金山町)―只見(同県只見町)の約28キロが不通のまま。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る