JR只見線復旧へ起工式

21年度運行目指す、福島

JR只見線の復旧工事の起工式で、くわ入れをする福島県の内堀雅雄知事(前列左端)ら=15日午前、福島県金山町

 JR東日本は15日、2011年7月の福島・新潟豪雨で一部区間が不通となっている只見線の復旧工事の起工式を、福島県金山町で開いた。今後、橋や線路の工事を進め、21年度中の運行再開を目指す。

 起工式にはJR東や県、沿線自治体の関係者ら約70人が出席し、くわ入れ。来賓の内堀雅雄知事は祝辞で「只見線が生活、観光、教育に利用される日本一の地方創生路線となるよう全力で利活用に取り組む」と述べた。

 只見線は豪雨で橋桁が流されるなど大きな被害を受け、現在も会津川口(金山町)―只見(同県只見町)の約28キロが不通のまま。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。