『妖怪ウォッチ』第5弾は1960年代が舞台!登場人物全員が新キャラ

今作のティザーポスター。謎の猫妖怪「猫又」と主人公シン - (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2018 (C)LEVEL-5 Inc.

 映画『妖怪ウォッチ』シリーズの劇場版第5弾の公開日が12月14日に決まり、タイトルが『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』に決定したことが発表された。舞台は1960年代で、登場人物は全員が新しいキャラクターとなる。

【動画】前作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』予告編

 2014年より毎年冬休みシーズンに新作が公開され、今作が5作目となる映画『妖怪ウォッチ』シリーズ。製作総指揮と原案・脚本を担当している日野晃博は「今年は原点に立ち返り、家族みんなで観ることができる『良質のアニメ作品』をつくろうと考えました」とコメント。

 そして日野は、「今回、なんと、『妖怪ウォッチ』らしいイマドキの妖怪たちは一切登場しないのです。代わりに、どこかで聞いたことがあるような、伝承に記された妖怪たちが出てきます」と明かし、登場人物については「全員が新しいキャラクターとなりますが、初期の妖怪ウォッチに近い、温かい『妖怪』と『人間』の姿がそこにあります」と紹介している。

 また、「もうひとつの見どころは全て作り直された『妖魔界』です。妖魔界は、大人でも魅力的に感じるような、しっかりとリアリズムを持った世界となりました」と話している。

どこかジバニャンに似ている猫妖怪「猫又」- (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2018 (C)LEVEL-5 Inc.

 ストーリー内容としては1960年代の東京・さくら元町が舞台となっており、貧しくも幸せに暮らしていた少年・シンが主人公。シンはたった一人の家族である母親を亡くし、不幸のどん底に。そんなシンをもう一人の少年・イツキが救うのだが、彼もまた姉を亡くしていた。

 ともに家族を亡くした経験を持つ二人の少年は、妖怪が見える少女・タエを仲間に加え、シンの守護霊・スーさん、そして猫又などの新たな妖怪たちと一緒に、大切な家族の魂を取り戻すため、不思議な事件に立ち向かっていく。(編集部・海江田宗)

©株式会社シネマトゥデイ

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。