沖縄美ら海水族館でサンゴが産卵

 本部町の沖縄美ら海水族館で12日夜、70種800群体のサンゴを飼育している水槽「サンゴの海」で、サンゴが産卵している様子が確認された。

 産卵は2002年6月の開館準備中も含めて17年連続。産卵が確認されたのは「コエダミドリイシ」や「ハイスギミドリイシ」などの種。「サンゴの海」では毎年6月ごろに、国内でも異例な規模の産卵が確認できる。

 同館は「太陽光と自然海水を利用した当館ならではの現象だ」と話す。同館では21日までサンゴの幼生が観察できるという。

©株式会社琉球新報社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。