是枝監督、文科相の面会辞退

文化庁を通じての打診に「多忙」

是枝裕和監督(ロイター=共同)

 林芳正文部科学相は15日の記者会見で、映画「万引き家族」がカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督から、面会を辞退したいとの申し出があったことを明らかにした。直接会って祝意を伝えようと、文化庁を通じて是枝氏に打診していた。林氏は「監督の考えがあるので、それを尊重したい」と述べた。

 同庁によると、是枝氏側は多忙を理由に辞退したという。

 パルムドール受賞を巡っては、安倍晋三首相が是枝氏に祝意を伝えていないとして、国会審議で野党側が批判。林氏が面会したいとの意向を示していた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。