銚子にトゥクトゥク上陸!理由を仕掛け人に聞いてみました!

銚子を走るトゥクトゥク

【総務省地域力創造アドバイザー 向後功作のコラム】

 4月になって、銚子市内で南国ムード漂う乗り物がみられるようになりました。東南アジアの方では日常的にタクシーなどとしても使用されているトゥクトゥクが、日本の本州に初上陸して走っています。沖縄では数年前からレンタカーとして走っているとのことですが、銚子にそれを持ち込んでレンタカーとして営業を始めた人が現れました。(ちばとぴ!=東総・北総出会い旅チャンネル)

 その仕掛け人が、山武市在住の小菅一彰さんです。小菅さんは、千葉県を代表するアームレスリングの選手でもあり、衣服の上からでもわかる逆三角形の体型をしています。また笑顔の素敵なパパさんでもありました。

 そして、風を切ってトゥクトゥクが走る場所は、海に囲まれた小菅さんが大好きな銚子でなければならなかったそうです。小菅さんは、仕事の傍、銚子に来ては釣りを楽しんだり、海を眺めたりするのが大好きで、自分の好きな場所で仕事を作りたかったそう。それを銚子で実現したということなんだそうです。 トゥクトゥクは、今や銚子だけでなく、新潟県の方からもイベント出張の依頼があり、小菅さんは喜んで出かけていきます。

トゥクトゥクをレンタカーとして営業を始めた小菅一彰さん

 銚子市内で観光やイベントだけではなく、いろいろなシーンでトゥクトゥクを見かける日がくることを願って、小菅さんは山武市から銚子のお店へ通ってきます。今では、銚子市内の同世代の人たちにも溶け込み、多くの友人たちにかこまれて楽しく過ごしているようです。

 銚子で好きなことを仕事にして、頑張る決意を笑顔で話してくれた小菅さんに、エールを送ってあげてください。

©株式会社千葉日報社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。