ウミネコ、元気にスクスク 鶴岡の磯辺

 鶴岡市堅苔沢の磯辺でウミネコの子育てが盛んに行われている。岩礁の所々に元気な幼鳥が数多くいて、餌を運ぶ親鳥が忙しそうに飛び回っている。

 ウミネコの繁殖期は5、6月にピークを迎える。外敵から子どもを守るため岩礁の高い場所などに営巣し、集団で子育てする特性がある。

 幼鳥は茶色や灰色の羽毛に覆われ、くちばしを突き出して餌をねだるしぐさがかわいらしい。耳を澄ませば、庄内浜の潮騒とともに、幼鳥の小さな鳴き声も聞こえる。

©株式会社山形新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。