新幹線、今度は走行車両に人が衝突!?=「中国高速鉄道よりトラブル多いのでは?」

2018年6月14日、観察者網は、「日本の新幹線がまたトラブルを起こした」とし、走行中だった山陽新幹線の先頭部分に何かが衝突したことによって生じたとみられる大きなひびと、血のような跡が見つかったと報じた。

14日午後2時ごろ、博多発東京行きのぞみ176号が博多―小倉間を走行中に異音が発生した。小倉駅で対向車両がボンネット部分に破損しているのを発見し、次の新下関に緊急停車して点検をしたところ、ボンネットに激しい亀裂が生じていたほか、血のような跡が付いており、亀裂からは人の体の一部と思われる物が見つかった。

中国のネットユーザーは「恐ろしすぎる」など、恐怖を感じたとするコメントのほか、「時速300キロ近くで走っていたら、後悔さえする時間もないだろう」「あっという間で、苦しみもないのだろうか」「動物の可能性はないのか」「いや、見つかったのは人体の組織らしいぞ」といった感想が寄せられた。

また「トンネルの中でぶつかったという話だが、運転手は気づかなかったのか」「運転手は寝ていたのか?」「ボンネットが破損しても故障アラートみたいなのは作動しないのか」という疑問の声も出ている。

新幹線をめぐっては、昨年末に東海道・山陽新幹線で台車の亀裂が見つかったほか、落雷や信号機トラブルによる立ち往生がしばしば生じている。また、9日には走行中の車内での殺傷事件が起きており、「実際、新幹線の方が中国高速鉄道よりトラブルが多いのではないか」と指摘するユーザーもいた。(翻訳・編集/川尻)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。