ドコモ、最高峰のカメラ搭載したスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」発売

端末の外観(写真:NTTドコモ発表資料より)

●世界初Leicaトリプルカメラを搭載したスマホ  NTTドコモは15日、Androidスマートフォン「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を発売した。世界初となるLeicaトリプルカメラや、AIアシスト機能を搭載。AIアシストでは即座の被写体認識などが可能で、誰でもプロのような撮影ができる。

●インカメラでも最高峰の画素数  スマートフォンの進化を表す指標としてカメラの性能が挙げられる。新しい機種が発売されるたびに解像度などの比較がされ、いかに性能が向上したかがアピールされる。

 「HUAWEI P20 Pro HW-01K」では4,000万画素という高解像度のカラーセンサーとモノクロセンサーが搭載されており、一眼レフのような撮影を実現できる。ズーム専用レンズにより、5倍ズーム時であっても画質の劣化は極限まで抑えられている。また、インカメラも2,400万画素と、細部まで鮮やかな撮影が可能となる。

●AIアシストで最適な撮影方法を自動選択  「HUAWEI P20 Pro HW-01K」では、一眼レフのような撮影が可能となるものの、難しい設定などは必要ない。AIによって撮影のアシストが入ることで、被写体やシーンを即座に認識。自動的に最適な方法を選択して撮影ができ、プロ並みの写真を実現する。顔や周囲の環境も認識し、最適な照明エフェクトも再現できる。

●快適な操作感  AIの利用によって、CPU単体での稼働時よりパフォーマンスが向上、電力効率は最大50倍にもなると言う。画面は6.1インチの大画面で、高級感のある有機ELを採用。受信時最大988Mbps/送信時最大75Mbpsの高速通信による快適な使用感を実現している。

●キャンペーンも発売と同時に開始  また、dポイントのプレゼントキャンペーンも実施。dポイントクラブ会員の購入者は、専用のWebサイトから応募することで、先着1万名限定で、5,000ポイントがプレゼントされる。

©株式会社財経新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。