パパは健康で美しくね 父の日商戦本格化

ポロシャツやスニーカーなど動きやすい服装で運動不足の解消を提案する「父の日」の売り場(京都市下京区・京都高島屋)

 17日の「父の日」に向け、京都市内の百貨店や量販店で商戦が本格化している。今年は、お父さんの健康や美容をキーワードにした売り場づくりが目を引く。自分用に購入する「ご褒美ギフト」もそろえ、母の日の影に隠れがちな父の日の存在感アップを狙う。

 京都高島屋(下京区)では「健やかパパ!美男子パパ!」と題し、お父さんの改造計画を提案。ポロシャツとスニーカーを組み合わせて運動不足の解消を提案するほか、男性用化粧品や健康を気遣った食品なども充実させている。

 17日まで店内に父の日のフォトスポットを設け、写真撮影して父親に送信できるよう工夫した。広報・IR室は「プレゼントという行為だけでなく、健康や格好良さという付加価値が注目される」と見る。

 大丸京都店(同)は、京都の漬物店店主でライターとしても活動するバッキー・イノウエさんとの共同企画を開催。バッキーさんが独自の視点で選んだ日本酒や陶器、ネクタイなどを売り場に並べている。

 営業推進部は「ミドル世代向けに自分で購入するご褒美ギフトのマーケットも狙う」と意気込む。17日午後2時と同3時半から、バッキーさんのトークショーもある。

 東急ハンズ(同)は、夏場の定番商品である男性用の甚平や扇子など130種類以上を用意。革小物を手作りする体験会などのイベントも催す。

 ホテルグランヴィア京都(同)は、ホテル内の各レストランで父の日プランを販売する。家族で来店すると父親の料金が無料になったり、ケーキや花束が付いたりするなどの特典が受けられる。

©株式会社京都新聞社