NY株、一時180ドル超安

米中貿易摩擦を懸念

 【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して一時、前日からの下げ幅が180ドルを超えた。米政府が知的財産権侵害を理由に中国製品に制裁関税を課すと発表したことなどから、米中の貿易摩擦激化に対する懸念が強まり、売り注文が広がった。

 午前10時現在は前日比134.95ドル安の2万5040.36ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は48.20ポイント安の7712.84。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS