ミケルソン前代未聞の違反

動く球をパット、2罰打

第3ラウンド、4番でティーショットを放つフィル・ミケルソン=シネコックヒルズGC(共同)

 米ニューヨーク州サウサンプトンで開催されているゴルフの全米オープン選手権で16日、フィル・ミケルソン(米国)が動いている球を打った。メジャー5勝の強豪による前代未聞のルール違反が物議を醸している。

 13番グリーンでのボギーパットはカップ脇を抜け、下り傾斜で止まる気配がなかった。小走りに先回りしたミケルソンは、まだ動いているボールをパターで打ち返した。「自分の球が動いている間はその球をストロークしてはならない」との規則違反で2打の罰が加わり、パー4のこのホールは「10」。第3ラウンドを終え、首位と14打差の64位となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS