岩手弁護士会が10月新窓口 裁判に頼らず紛争解決

 岩手弁護士会(太田秀栄会長)は、裁判に頼らずにトラブルを柔軟に解決する裁判外紛争解決手続き(ADR)を行う同会紛争解決センターを10月1日に開設する。身近なトラブルを解決するため弁護士が間に入り、話し合いなどで迅速な解決を目指す。

 同センターは当事者の申し立てを受け、弁護士があっせん員として仲立ち。非公開の話し合いを原則3回行うなどして、柔軟な解決を目指す。

 民事訴訟と比べ▽手続きが簡素で柔軟性がある▽短期間で解決できる▽秘密が守られる-などの特徴がある。申立手数料は2万円で、解決時の手数料は別途設定する。

 離婚・相続問題や金銭トラブルのほか、証明が難しく裁判になりにくいセクハラやパワハラ、労働事件など幅広い問題に対応。例えば「結婚式を前に疎遠になっていた父親に会いたい」など、法律問題に限らない事情にも対応する。

Follow

岩手日報WebNews

on

©株式会社岩手日報社

IWATENIPPO岩手日報

岩手のニュースやスポーツ、お得な情報をリアルタイムでお届け。岩手日報社の公式サイトです。

サイトはこちら