大阪北部地震、在阪鉄鋼メーカーに大きな被害なし

©株式会社鉄鋼新聞社

 大阪府北部で発生した最大震度6弱の地震で大阪に拠点を置く鉄鋼メーカーは18日、設備状況や従業員の安否確認に追われた。

 新日鉄住金の製鋼所(大阪市)では地震発生後に設備を一時停止し所内の緊急点検を行ったが、大きな被害はなかった。同社の和歌山製鉄所・堺地区(大阪府堺市)、尼崎製造所(兵庫県尼崎市)でも被害がないことを確認した。同社は各拠点とも大きな生産影響はないとみている。

 新関西製鉄の星田工場(大阪府交野市)では製品倉庫で小形平鋼の一部で荷崩れがあったが、出荷には影響しない見通し。

 クボタのポンプ・バルブ製造拠点となる枚方製造所(大阪府枚方市)は地震後に設備点検のため操業を見合わせたが、きょう19日に再開する予定。同社のダクタイル鉄管拠点の阪神工場・武庫川事業所(兵庫県尼崎市)も設備点検を実施中で、操業再開に数日かかる可能性もある。