<松戸女児殺害公判>渋谷被告に死刑求刑「残酷、極めて悪質」 弁護側は無罪主張 7月6日判決

©株式会社千葉日報社

 松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第10回公判が18日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、検察側は「冷酷かつ残酷、極めて悪質な犯行。非人道的で許されるものではない」と死刑を求刑した。渋谷被告は「最初から申し上げている通り私は無実、無罪でございます」と弁護側と共に改めて無罪を主張し、結審した。判決は7月6日に言い渡される。

 検察側は論告で、遺体の腹部からリンさんと渋谷被告のものと考えられる混合DNA型が検出され「このことだけでも被告が犯人であることに疑いの余地はない」。渋谷被告の軽乗用車内の複数カ所からリンさんの血液が見つかったことなどから「わいせつや殺害行為は車内で行われた可能性が高い」と指摘。手錠やフェースマスクからリンさんのDNA型が採取され、渋谷被告が犯人と裏付ける証拠だとした。

 類似事件が少なく、死亡した被害者が1人の事件での死刑求刑は異例だが、女児へのわいせつ目的だったことから「犯行態様は非人道的で許されない。(量刑は)個別的に判断すべきだ」と述べた。

 渋谷被告は最終意見陳述で「やっていないことをやっていないと言ってはいけないのでしょうか。架空の事実を述べたり、証拠を捏造(ねつぞう)したりして腹立たしい」と捜査を批判した。

 弁護側は最終弁論で「鑑定時に、被告のDNAが意図的に混入されたといった疑いが否定できない。軽乗用車の血液は事件前に付着した可能性があり、無罪だ」と反論した。

 手錠やフェースマスクから採取された複数のDNA型について、リンさん以外の第三者の可能性を指摘した上で「有罪の証拠にはならない。そもそも手錠やマスクは大人用でリンさんに使うには大き過ぎる」と主張した。

 極刑を求めていた父親のレェ・アイン・ハオさん(35)は結審後に記者会見し、死刑求刑に「本当にありがとうございます」と述べ、母親のグエン・ティ・グエンさん(31)は「死刑の判決をお願いします」と話した。