W杯 日本初戦は? インコの「オリビア」が恒例の勝敗占い 那須どうぶつ王国

コロンビアの旗を選んだ「オリビア」=午後0時10分、那須町大島

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が19日に初戦を迎えるのを前に、那須町大島の動物園「那須どうぶつ王国」で18日、雄のヨウム「オリビア」による恒例のサッカー勝敗占いが行われた。

 ヨウムはインコの仲間で知能が高いことで知られ、2014年W杯から占いを始めたオリビアは、五輪や女子W杯も含め計26戦中、15戦を的中させている。

 来園者約50人が日本と、対戦相手のコロンビア、「引き分け!」の計3本の旗が立てられた特設ピッチを見守る中、オリビアはいったんは「引き分け!」の旗をくわえたものの、おもむろに「コロンビア」の旗をくわえ直して日本の敗戦を予想。そのまま飼育員の元へ戻った。

 息をのむように見守っていた来園者たちは一斉に「あー」と落胆の声を漏らした。千葉市から家族6人で訪れた公務員吉井淳(よしいじゅん)さん(36)は「(占いの結果が)外れてほしい」と子どもたち3人と声をそろえた。

©株式会社下野新聞社

スマホで丸ごと下野新聞電子版

 地域情報満載の下野新聞を、スマートフォン・タブ レットでいつでもどこででも

登録受付中!!