森友、改ざん文書提出「法違反」

検査院、国会に中間報告

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、会計検査院は19日、大幅値引きに関する再検査の中間報告を参院予算委員会理事懇談会に開示した。財務省が改ざんした決裁文書を会計検査の際に提出した行為を検査院法違反とし、文書改ざんや交渉記録廃棄が昨年11月の検査報告に影響を与えたと指摘する内容。複数の野党理事によると、再検査結果は夏から秋ごろにまとまるとみられる。

 文書改ざんは今年3月に発覚。昨年11月公表の検査報告は、改ざん後の文書に基づくものだったため、国会の要請を受け、検査院が再検査を進めている。再検査は異例。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む