がん転移促進物質発見、滋賀医大

新薬開発に道

©一般社団法人共同通信社

 がんの転移を促進する「EMP1」というタンパク質を発見したと、滋賀医大の扇田久和教授(分子病態生化学)のチームが19日、発表した。

 EMP1の量を把握できれば転移しやすいかどうかの目印になり、働きを抑える物質を見つけられれば、転移や周囲への広がりを防ぐ新たな薬剤を開発できる可能性があるとしている。

 成果は国際専門誌電子版に掲載された。

 扇田教授は、がんで亡くなるのは転移によるものが多いとし、「転移を抑制することで、がんによる死亡を減らしたい」と話している。