不審者から乗客守れ 新入社員防護術学ぶ TX、守谷で防犯講習会

©株式会社茨城新聞社

刃物を持った不審者への対応を確認する新入社員(右)とつくば中央署員=TX守谷駅

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(東京)は19日、守谷市中央3丁目のTX守谷駅で新入社員を対象にした防犯講習会を開いた。東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件などを念頭に、凶器を持った不審者から乗客らの身を守る防護術を学んだ。

講習会には今春入社した新入社員のうち、改札業務や乗客の案内をする駅務職の19人が参加。つくば中央警察署員が講師を務めた。

凶器を持った不審者への対応では、相手と距離を取って複数人で対応することなどを確認した。

新入社員の吉村花さん(21)は、「指一本で相手をひるませることもできると知って役に立った。冷静に対応できるようにしたい」と話した。