諫干開門の旗降ろさず 佐賀知事と漁業者が確認 有明海漁協大浦

©株式会社長崎新聞社

 国営諫早湾干拓事業を巡り、佐賀県の山口祥義知事は19日、開門を求める声が根強い同県有明海漁協大浦支所の漁業者らと太良町の同支所で会い、開門の旗を降ろさないことを確認した。
 会合は冒頭を除き非公開。終了後、取材に応じた山口知事や同支所の弥永達郎運営委員長らによると、漁業者側は、タイラギ漁をはじめとした漁業の厳しさを訴え、有明海再生に向けた事業の継続や開門調査を引き続き国などに求めていくことや、音に敏感なコハダ漁に影響があるとして、オスプレイの配備についても慎重な対応を県に要望した。
 取材に、弥永委員長は「目標は有明海再生の一つ」と強調。山口知事は開門の旗は降ろさないとしつつ、「(福岡高裁が示した)和解を目指すべきだとの意見を(私が)持っていることについては、理解してもらったと思っている」と述べた。
 福岡高裁での和解協議を巡っては、同漁協は非開門を前提とした和解案に反対の姿勢から一転、和解での解決を求め、佐賀県も漁協と立場を同じくしている。一方、同支所では開門を求める声が根強い。同日の面会は、タイラギ漁が6年連続で休漁するなど太良町の厳しい漁業状況を知ってほしいとの要望を受け、県が開いた。

漁業者と意見交換した山口知事(左)=佐賀県有明海漁協大浦支所