中朝首脳、2日連続で会談

対米念頭に親密ぶり強調

©一般社団法人共同通信社

北京の北朝鮮大使館に入る金正恩朝鮮労働党委員長(左端)と李雪主夫人(奥)=20日(共同)

 【北京共同】中国の習近平国家主席は20日、中国を訪問した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と北京の釣魚台迎賓館で会談、金氏の度重なる訪中を強調し「双方は中朝ハイレベル交流の新たな歴史を切り開いた」と述べた。中国国営通信、新華社が伝えた。両首脳の会談は2日連続。中朝の親密ぶりを強調し、朝鮮半島の非核化や平和体制構築を巡る対米協議を念頭に結束する姿勢を誇示した。

 金氏は20日、2日間の訪中日程を終え、空路帰国の途に就いた。

中国訪問を終え、専用機に乗り込む際に手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と李雪主夫人=20日、北京国際空港(共同)